2017年10月21日

【サクラ大戦3】第一話 3 見よ!これが当時話題になった「ネオCG」-アニメとCGの美しき融合-


主催者は、ライラック伯爵夫人。


聞き覚えのない名だが、
本日15時より行われる舞踏会の主催者で、
大神一郎とは面識があるらしい。


上司である迫水大使の代理として
舞踏会の会場へ向かう大神の脳裏に、
先頃エリカから聞いた話がよぎる。


不思議な力と向き合っていくのは簡単ではなかったこと。

修道院に入った経緯。


それらは短い言葉で、詳しいことはまだ何も知らないけれど、
どこか懐かしい皆の顔を思い起こさせる話であった。


気になるのは、最後に言っていた
「これでちゃんと戦える」という言葉…。


そんなことを考えるうちに舞踏会の会場に着いた大神は、
フランス貴族の手痛い歓迎を受ける。


それを助けに入ったのは、意外な人物だった。







当時、アニメーションとCGをきれいに融合した「ネオCG」が話題になりました。

アニメーションで描かれた大神たちがCGの機体に乗っているシーンなどがそれです。

人がフルCGで描かれた映像の場合、現在でも、人形のような質感が出てしまうことがほとんどですが、

アニメーションの柔らかさや温かみを残しつつ、CGの硬い質感を活かしたのがネオCGであり、

16年以上たった現在でも、その映像技術は全く色あせていません。

ぜひご覧ください。




posted by きなこ at 18:35| Comment(0) | ゲーム実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。