2017年09月16日

【サクラ大戦3】第一話 1 パリのシスターが夜に見せる第二の顔とは?


男の名は大神一郎。

日本の海軍士官学校を首席で卒業した彼は、
その優秀さに加え、霊力の高さと人柄を評価され、
ある特殊任務に就く。

その任務とは、
日露戦争で活躍した米田一基中将を司令長官とする
秘密部隊「帝国華撃団」における戦闘部隊「花組」を
統率し、日本の霊的脅威に対抗するというものだった。

そこでの手腕を高く評価された彼は、
新たに結成される秘密部隊、
巴里華撃団(ぱりかげきだん)に配属されることとなる。

一カ月の船旅を終え、パリに到着した大神は、
欧州博覧会の会場で、不思議な力を持つ少女と出会う。





🌙

🌙

🌙


ラベル:サクラ大戦3
posted by きなこ at 16:29| Comment(0) | ゲーム実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

昨日の私からの手紙には驚愕の事実が隠されていた【きなしゅう実況】


朝起きると、昨日の私が書き残した一通の手紙があった。

手紙に隠された恐ろしいメッセージとは?

のんびりと楽しんでいただければ幸いです。



【拝啓、昨日の私より】


posted by きなこ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ひさしぶりに登場


どうも、みなさん、お久しぶりのシュウです。

きなこも元気ですよ^^きなこは今仕事中、

わたくしシュウは、珍しく仕事が早く終わって一安心。

きまぐれでコメントしてみました。

posted by きなこ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

何年ぶり?


こんばんはー!

どうも!

ぜんぜん更新してなかったけど、何年ぶりや?

…何年ぶりなんですか、実際?

さあ・・・?


posted by きなこ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

胸を打たれた広告文

「『にんげんの時間』」

ひとりがすると1時間かかることを、

ふたりでやれば30分で終わる。

ひとりがすると1ヶ月かかることを、

30人でやれば1日で終わる。

人類が何千年かけても

まだできないこと。

みんなでやれば

1日で終わるかもしれない。

そう、平和なんて、

1日あればできるはず。



時に、チカラを。
宝石時計 長野



みなさん、申し訳ないです。
・・・じゃなかった、お久しぶりですたらーっ(汗)
私ときなこは健在でございますよexclamation

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

知らんがな。 ・・・さて、
悪ふざけはこのくらいにして、本題に移りますよ、今日の僕は。
先日、ある冊子で、とても魅力的な詩を見つけました。

上にある、「にんげんの時間」ですか・・・
なんかこう・・・
さらりとしているのにじーんと来ますね!

ときどき読み返したくなって、
その度に感動を味わえる、素晴らしい詩だと思いました。
その出所を調べると、「宝石時計 長野」という会社の広告文である
ことが分かりました。

えー!
これが広告だなんて!
これは目を引きますね〜・・・

うん、目を引くというか、心を捉えて話さないというか、
本当に力のある文ですね。
どうやら4種類あるようで、
最後にあと2つだけ引用させていただきたいと思います。

ふんふん。

「ふんふん」って、・・・そのヘロヘロ声を皆様に
お伝えできないのが残念ですが、きなこはもう寝ています。
そう、どんな名言も睡魔には勝てないのです。
それでは、おやすみなさい。

・・・ぉゃふみなはいま・・・せ眠い(睡眠)(代筆)




『時の商人』

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」


ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。


ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。


「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん、10年ぶんよこせ」


10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。




時に、ドラマを。
宝石時計 長野





『Happy Birth Time』

年に一度、誕生日が来るように、

一日に一度、誕生時間が来ます。

あなたは何時何分に

この世に生まれましたか?

あれは寒い夜中だった…。

夏の熱い昼下がりだった…。

そのときの母のぬくもりを、

父のまなざしを、

想像してみませんか?

さあ、もうすぐあなたが生まれた時間ですよ。

お誕生時間、おめでとう。



時に、トキメキを。
宝石時計 長野





posted by きなこ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。